Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チア☆ダン」#10 キラキラ純白オダギリを有難う!

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

これまで番組を見ていて、ずっと気になっていたことがある。
わかばたちの「打倒JETS!」というフレーズだ。
「全米制覇」はともかく、見学させてもらってチアの心得や練習の仕方まで教えてもらって「一緒にがんばりましょう!」とか言ってくれるJETSに対して「打倒」はどうなのかと(笑)

だから最終回にわかばが
「打倒JETSじゃないの。だってJETSは私たちをここまで連れてきてくれたんやもん」
と言ってくれてほっとした。

もちろん「乗り越えたい存在」としてJETSがあって、わかばたちにとってJETSは憧れの存在であると同時に高い壁だったんだろう。
でもわかばたちが乗り越えたかったのはJETSじゃなかった。
そこはドラマだからといって譲れない一線で、たぶん脚本は最初からこのつもりでやっていたんだと思う。

ていうかぶっちゃけ実在する覇者JETSに勝つわけにはいかんのだよ明智くん!

最終回、本番に臨むROCKETSメンバーに送られた太郎先生の言葉は

「ROCKETSのダンスを見てると元気になるんや。つらいことがあっても、明日は頑張ろうって思える」

これが彼女たちの到達点だったということじゃないだろうか。
振り返れば、4話の時点で太郎先生は校長に
「JETSのダンスをみていると、なにか胸がジーンと熱くなるっていうか、励まされるっていうか、力がわいてくるんですよね」
と語っていた。
「それがチアスピリットっていうんだね」
「それをあの子達に気付かせてあげるのがあなたの役割なんじゃないの」

太郎先生はちゃんと、彼女たちに気づかせてあげられたんだなあ。

大会前夜、わかばと太郎先生の恒例トークタイム(笑)も、すっかり落ち着いたものになっていた。
「太郎先生のおかげや」
「明日絶対勝って太郎先生をアメリカに連れていくでの!」
こんな風に言われるの、教師冥利に尽きるだろうなあ。太郎先生泣きそうだったw

180916-blog3.jpg

1年半、誰もが必死で努力して、さまざまな「できっこない」を乗り越えてきたからこそ、安易に優勝したりしなくてよかった。
これは「勝負に勝つ」ドラマじゃなくて、一度挫折してあきらめたことにもう一度チャレンジする人たちの「自分を乗り越える」ドラマだから。
このドラマを見た若い子供たちが、夢をあきらめないで、「できっこない」にチャレンジしてみてくれるといい。
親や先生たちが「やってみなよ」と応援できるようになるといい。

そして「そうやってずっとずっと笑っていてほしい。君たちは僕の奇跡だから」と言ってあげられたらいい。

180916-blog1.jpg
いやアナタもワシらの奇跡なので笑っていてくださいよと全クウガクラスタ(´;ω;`)

で、ここからは本音(笑)

ぶっちゃけチアダンが(やや)失速したのは太郎先生が事故にあってリタイアしてからだと思う。
無理やり太郎先生をはずしたせいで、その後の展開がかなり苦しくなって、もちろん折々に病院太郎のフォローが入ったし教頭先生がカバーしたりはしてたけど。
結局、この物語はわかばと太郎先生が二人三脚で、お互いに悩みを解決しながら進んでいく二重奏のようなドラマだったから。
それが途切れたせいで起こるトラブルもそれへの対処も微妙な「ただの青春ドラマ」になってしまった感がある。
実にもったいなかったなあ、と思うけど、それはそれとして
いかにオダギリ演じる太郎先生の存在が物語を、ドラマを絶妙に補足しフォローしていたかがわかるなあとも思う。

ピッチピチの女子高生の青春スポコンドラマの指導者に、映画版「チアダン」の天海祐希の立ち位置になぜオダギリジョーが配されたのか!(笑)
それは要所要所で発揮される和みのわんこモード、そしてここぞと言う時に発揮される男前モードの絶妙な使い分けができるからよ!
最終回本番直前にきてなお、緊張しすぎたメンバーのヤバい雰囲気を察知した太郎先生が唐突に
「自信を吸って~~不安を吐き出せ~~」
と深呼吸を始めたときは、可愛さのあまり変な笑いが出たぞ(笑)
ね? ね?

第1回の時点でワタクシ申しておりましたね。
「キラキラしてる若い女の子がカワイイ」と「涙目でオロオロしてるオダギリジョーがカワイイ」はほぼ同じベクトルなのであると。
そう、女子高生集団の中に入ってなんら遜色のないうるうる涙目わんこと、時々拝める男前!
「きれいなオダギリジョー」召還の理由がこれです!

(いろいろ言いたいことはないでもないけど)
女子高生熱血スポ根ドラマでさわやかに笑うオダギリジョーを与えてくれて有難う!



‥‥それはそれとして最終回で一番ヒットポイント高かったのは迷子をごまかそうとする太郎の超絶うさんくさい笑顔であった。

180916-blog2.jpg
最後の最後にこれをチョイスしてしまうのがオダギリファンのもはや根治不能な病癖かもしれない。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/589-8ca49999
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。