Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告的な?

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

大河ドラマ「西郷どん」は見ていて、なんだかこう色々微妙なんだけど「某長州ドラマほど酷いわけではないし」みたいな感じで、そこそこ楽しんでいる。
まあ主に「ヒー様エロ~い!」とか「佐野史郎さんの井伊直弼素敵ー!」とか「雪篷先生カッコイイー!」とか「ひさみちゅ公かわいい!」とか、そんな楽しみ方だが。
小栗龍馬が出てきてからは思わずフィーバーしたし、鈴木良平さんがもはや人間離れした人体変容術でどんどん西郷隆盛に近づいていってるのなんか凄いと感動している。

segodon-ryouma5.jpg
西郷ドラマなのに龍馬しか描いてないあたり

ただ、脚本的には幕末ドラマでもなければ薩摩大河ですらない、いわば「西郷吉之助マンセー」ドラマだと思う。

ちらほらと
「ああっ!‥‥なぜ帝が慶喜ラブしてるの! 違うでしょそこは会津中将でしょ!」
「バカたれそこはちゃんと会津軍が激戦しとったわー!!!」(←蛤御門の戦い)
「もはや変態四枚舌男みたいなヒー様にかしづく無能イエスマン容保様状態やんけ!」
「戊辰戦争すっ飛ばしやがったーーー!」

っていうか肥後守様と越中守様が、上様より先に鰻食い始めるとか箸持って口にもの入れたまましゃべるとか慶喜の横で馬鹿発言連発したあげく水戸黄門に出てくる悪い殿様の横で「おのれ無礼者!」って叫ぶだけの馬鹿家老みたいじゃないか。
もうストレスたまるたまる。

そんな中で、9月からチャンネル銀河で大河ドラマ「八重の桜」再放送という素晴らしいニュースが飛び込んできた。

西郷どんでは描かれなかった「会津はなぜ逆賊にされたのか」
さらに西郷どんでは描かれなかった「長州はなぜ征伐されるに至ったか」
さらにさらに西郷どんでは「吉之助の個人的恨みで倒されたことになってる幕府は本当はなぜ倒されたのか」
などなどを補完できるのが、(会津ドラマなのに)倒幕側の動きもちゃんと抑えて描いた「八重の桜」だ。

ちょっと前にチャンネル銀河で「平清盛」の放送してた時、海の底の人たちが続々と浮上する様がうらやましくて仕方なかったんだ。
ああ、 これでワシも桜の木の根元から這い出せる!(ホラーか)
わたくし固く決意いたしました!

西郷どんにめちゃくちゃにされた会津を救うチャンスだ!

てなわけで、CS見られないくせにチャンネル銀河の放送スケジュールにあわせてその日の回をDVDで見て
#八重の桜 タグで感想垂れ流しまくってやっておる(←そうとう頭悪い)

なにしろ2回目だからちょろっと感想ツイート流してフォロワーさんたちに興味もってもらえればいいかな~?
なんて考えていたのに、実際に会津編みちゃったらあなた、会津愛を吼えたくてたまらなくなって黙ってはおられませんで
そりゃもう長々とツイートぶっ続けてたぶんすごい迷惑かけてるフォロワーさんたちごめんなさい‥‥。

2013年当時「八重の桜」に関してはオダギリさん演じる新島襄が出てきた回のみ感想を書いていたのだが、
(例外的に容保様と大蔵様愛だけは叫んだ)
自分の中で「八重の桜」がどれほど愛すべき存在だったかを思い知り、当時書かなかった八重の桜前半の「会津編」感想を、ツイートをまとめる形で補足しておこうかなと思っている。

ただ、基本イラストなしの文章のみの記事は書かない主義なので、イラスト‥‥どうしようかな。
まあそのうちアップする(かも)

ところで西郷どんでは玉山鉄二さんが桂小五郎をやってるんだけど、玉山鉄二といえば山川大蔵な八重の桜民にとっては混乱はなはだしい(笑)
やっぱ桂さんはミッチーが史上だよなあ(いや玉鉄さんもいいんだけど)と思って思わず描いた、八重の桂とどん龍馬コラボ。

ys-ryouma-katsura.jpg

※お察しの通り、ブログ更新が滞って広告が出ちゃったので回避するための記事アップだ。
本気で八重感想あげるかどうかはわからんw

Comment

マリア says... ""
八重の桜感想を今更ながら拝見しました。わかりやすい解説と、共感する部分が多くとても面白かったです。以前はただただネガティブで可哀想な藩と言うイメージで敬遠してしまっていましたが、八重の桜を観て会津を尊敬する想いにかられました。
2018.11.20 02:01 | URL | #- [edit]
rose says... "ありがとうございます!"
>マリアさん
こんにちは!
わー、嬉しいです!
再放送に舞い上がって、怒涛のようなツイを垂れ流したあげくに
「もっと言いたいことあるけど長くなるから過去ブログ読んでくれ!もっと長いけど!」
みたいな、もう我ながら頭おかしい(笑)こんな奴にお付き合いくださってありがとうございます!

会津は「白虎隊」のイメージが強くて、悲劇的でちょっと暗いようなとらえ方されてましたよね。
でもいわゆる「古きよき日本人」の原点は会津にあったんじゃないかと思える(長所も短所も)お国柄で、本放送時、そんな会津を重層的にきちんと描いてくれていて感動しました。

今回の再放送で自分の会津愛は全然さめてないことが発覚しましたので、機会がありましたらまたご一緒に盛り上がりましょう!
2018.11.20 23:43 | URL | #4SZw2tfw [edit]
翡翠楼 says... "八重の桜"
はじめまして。八重の桜のつぶやきを回って、roseさんのツイッターからこちらへきました。「八重の桜」は私も当時、とても面白く楽しんだもので、今回の再放送は見るつもりなかったのですが、「西郷どん」があまりに…なので、つい色々と確認したくて見始めたら、あまりにも濃厚なので、思わず食い入るように見てしまい、気がつくとつい#「八重の桜」を探していました。roseさんのコメント、大変興味深く、楽しく、共感させていただきました。オダギリさんの新島ジョーは私も大好きです。クウガも大好きでした!
自分のメモとして、ブログで紹介させていただいてもいいでしょうか?
2018.11.27 10:36 | URL | #- [edit]
rose says... "有難うございます!"
>翡翠楼さん

おおお!あのような偏りまくった感想ツイにご賛同いただけるとは!
ええ、そうなんです自分も現行大河がちょっとアレで(笑)、八重の桜再放送に飛びついたら思った以上に深みに嵌ってしまいました!
「西郷どん」への色々な不満成分が解消したのも確かなんですが、何より作品の力が強くて、気づいたら毎日「八重の桜」のことばかり考えて危うく廃人になるところでした(笑)

同じように再放送をご覧になった方がおられると思うと心強いです。
そして翡翠楼さんはクウガ仲間でもあられるとな! もはや他人ではありません!(勝手に)
どうぞ今後とも仲良くしてくださいませ。そしてブログ、ぜひぜひ拝見したいので教えてくださいまし。
2018.12.01 00:31 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/591-03b12e5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。